Nexus 7 (2012) 3Gのバッテリーを購入しました

Androidタブレット

Android5.1.1にしてからNexus 7のバッテリーの持ちが良くない気がするので
バックアップ用にAmazonでバルク販売されていたバッテリーを購入しました。

品番はASUS C11-ME370T
表示を信じるなら純正品のようです。

とりあえず交換してみることにしました。

ケースオープナーとかいうプラスチックのヘラで一発で裏フタを外すことができました。

バッテリーのコネクターを抜き、両面テープで貼り付けてあるバッテリー本体を剥がして
新しいバッテリーを逆の手順で貼り付けていくだけの作業です。

都合10分足らずで終了しました。
配線が元のバッテリーより1cmほど長いようですが、ケースに収めるのに不都合はありません。

ついでにNexus Root ToolkitというものをダウンロードしてAndroidを5.1.1から4.4.4に巻き戻しました。

端末のブートローダーをアンロックするのに手間取って、2回ほど半文鎮化しましたが
ブートローダーは生きていたので3回目に成功しました。

動作が格段に軽くなりました。

一晩充電してから、いろいろ使ってみましたがバッテリーの持ちは回復しているようです。
Amazonレビューでは突然充電できなくなったという記事もありますので
しばらくは様子見です。

2015年9月19日追記
一度過放電させたら、何度充電してもうんともすんとも言わなくなりました。
元のバッテリーに戻したら無事に稼動するのを確認しました。

2017年3月14日追記
元のバッテリーで使っていましたがさすがに劣化して
連続使用2時間、スリープで4日ほどしか持たなくなってきました。
お蔵入りしていたバッテリーを1年半ぶりに取り付けて
バッテリーキャリブレーションというアプリで
キャリブレーションをしたらバッテリーを完全にあげても
再充電が効くようになりました。連続使用6時間ほどはもつようです。

2017年7月4日追記
まただんだん重くなってきたのでNexus Root ToolkitでRootを取って
TrimmerというアプリでTRIMコマンドを実行したら
購入当時と変わらないぐらい軽くなりました。
起動時間も半分ぐらいになっています。
このまま使用していて不具合が出ては困るので
Root解除するためにファクトリーイメージでAndroid4.4.4を焼き直しています。

正直ここまで使い倒せるとは思わなかった。
Nexus Root Toolkitの開発者に感謝です。

コメント