広島のD-BASEでACCESS製シミュレーターを体験

レーシングシミュレーターのショップ

広島に行ったので、広島市中区のD-BASEでACCESSさんの
シミュレーターを体験してきました。


〒730-0051
広島市中区大手町3丁目1-3 IT大手町ビル1F
TEL 082-245-4646
営業時間13:00~21:00(LO 20:30)
定休日 火曜

7月18日の広島は豪雨。
入口で傘を置くところを探していたら
店員のお姉さんがドアを開けて出迎えてくださいました。

喫茶店のようなこじゃれた店構えです。

窓の外はすっかり雨模様です。

まずは会員登録です。
申込書を書きながら家でもシミュレーターをやっているとか
若い時オートバイで鈴鹿サーキットを走っていたなど
身の上話をしたら興味深そうに耳を傾けてくださいました。

会員登録を済ませてさっそく30分のコースを始めることにします。
F1、GT、それとフライトシミュレーターの筐体が各一台。

F1の筐体
ACCESSのACSIM2でステアリングはFANATECのClub Sportsのようです。

四隅に上下方向のアクチュエーター

路面のギャップなどのバウンスをこれで表現しているようです。

シートをフローティングさせている縦方向と横方向のアクチュエーター

加減速によるピッチングやカーブのローリング
タイヤがスライドしたときのヨーイング方向の動き
などを表現しているようです。

GTの筐体
F1の筐体と同じACSIM2のようで
ステアリングのみBMWタイプの丸ハンドルになっているようです。

フライトシミュレーター

マイクロソフトからも久々に新作が出るらしいので
これからの展開が楽しみですね。

わたしもPC買いたての1998年ごろ
マイクロソフトフライトシミュレーターに
日本各地のサードパーティー製アドオンを
インストールして遊んでいたのを思い出しました。

VR対応になるとすばらしいと思いますが
現状でDCS World等をプレイしてみると計器類がぼやけて
判読できないのはレースシムと同様なので
解像度がやはり問題になるでしょうか。

レーシングシミュレーターのソフトウェアはrFactorです。

BMW Z4 GT3で鈴鹿サーキットを走行してみることにしました。

ブレーキペダルはF4選手の為にセッティングされた
モノコレ鈴鹿のようにガッツンガッツンに重い
というわけではないようで
普通にサーボの効いたブレーキなりの重さという感じです。
ただF1筐体は経験していないのでどうかは分かりません。

スタートするとシートが動くのが分かります。
右にカーブを切ると左に、左にカーブを切ると右にシートが
傾きます。

路面の突き上げが結構きついのでこれだけで
結構体力を消耗する感じです。慣れもあるでしょうが。

カーブでお尻が出たときは内側に巻き込むようにヨー方向に
シートが動くようです。
アンダーがでて外に向かうと逆のヨーがかかるようです。

こうして冷静なように書いていますが
年寄りには体力の消耗が激しいようで
20分目ごろから集中力が途切れて
只でさえ下手くそな運転がますます不正確になり
スピンしまくりでした。

終わってからうかがったところ
タイムは最短2分15秒台だったらしいですが
がんばって出したというよりたまたまスピンがなかった周回が
このタイムだったというだけです。

リアルに再現されているとはいえ当然実車と全く同じ動きではないわけで
これが車の動きだと体に納得させることがまだ出来なかった
と難しいことを言っていますが
要するにアタフタしてしまって慣れきれなかった
という気がします。

あと数回、走り込んでどれぐらい納得できる走りができるか
試してみたいと思わされました。

体験が終わって男性の店員さんから
どのシミュレーターをされていますか?
とご質問があったので

rFactor、rFactor 2、Assetto Corsaなどと答えたら
この店のお客さんに人気なのは
rFactor 2 > rFactor > Assetto Corsaの順だという
お話を頂きました。

最後はお二人で出口までお見送りいただき
とても良い感じを抱きました。
また広島に行くことがあったら伺いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました