02年2/18日~11月10日  足回 りのメンテナンス続編

ホンダFTR250

02年2月18日 チェーンの引きづり音の原因は?

FTR250の足回りから、走行時に異音がし始めました。
チェーンの張り具合には異常ないし、なんで?
というわけで下回りのチェック。

チェーンガードがリアタイヤのトレッド・クラウン部と接触してました。

パーツそのものが変形して、いわゆる「開いた」状態になったようです。
とりあえず取りはずして、カットしてから再使用することにします。

サイドスタンドとチェーンが当たっていました。
減速時のみ音がしていたので、チェーンが上に引っ張られたときだけ
接触していたもようです。

サイドスタンドは、こんなふうに削れていました。
スタンドの蝶番が「開いて」位置がずれてきたのが原因のようです。

今日は時間がなくてできませんでしたが
スタンドの取り付けボルトにワッシャーをかませて、修正しようかと思います。

チェーンガードがなくなると、見た目にすっきりしました。
とりあえずはこの状態で様子をみようかと思います。


 

02年6月1日 フォークオイルを交換

BBSのミーティングにそなえて、スカスカに抜けていたフロントフォークをメンテすることにしました。

フロント廻りをジャッキアップして、フロントフォークを分解しました。

フォークステム。サビが出ていますが
ベアリングは、グリスも残っていてガンマに比べると
はるかに良い状態。

ヘッドパイプ側のアウターレースにも段付き磨耗などは見当たりませんでした。
とりあえずシャシーグリスを塗布して、もとのベアリングで組み立てました。

トップスレッドは0.1-0.2kg/mという極小のトルクで締め付け。
ステムナットは8.0-12.0kg/mで締め付け。

フオークオイルを抜きました。
黒いオイルに金属粉もまじってヤバい感じです。
長い間、乗りっぱなしにしていたのでこんなものでしょう。

フォークオイルは、ヤマハ純正の「G-15」を今回使いました。
フォークの入りが緩慢なかんじがするので
今度は「G-10」くらいにしようかと思います。

オイルレベルは全屈、スプリングなしで113mm。
規定量320ccのオイルを注いだあと、しばらく放置して
オイル内の気泡が抜けたころをみはからい
直定規とスポイトで調節しました。
で、スプリングを挿入し、キャップボルトを締めてできあがり。
キャップボルトは、イニシャルストロークを掛けて締めるタイプなので
前輪を浮かせて空車1Gの状態にしてから
Tレンチで押さえつけるようにして締めました。
最後に、各部の締め付けをチェックいたしました。

乗ってみての印象は、ごく普通に曲がるバイクになったという感じでした。
あたりまえだと言われそうですが…


 

02年11月10日 ドライブチェーン交換

エンジンのオイル交換のついでに
何年ぶりかでドライブチェーンの交換をしました。

チェーンはRKの520RX(RXリング付き、メッキなし)
カッター・リベッターは南海部品の物を通販で買いました。

このチェーンカッターはなかなか優れもののようです。
カット→プレート圧入→カシメという一連の作業が
写真付きのマニュアルで丁寧に解説されていて。
それに従って作業すると難なく交換できました。

本体に”PAT”の文字があるので、特許製品ということのようです。
低価格でこういった製品が手に入るというのは
ひとむかし前「RK」や、「DID」等の純正工具以外選ぶ余地がなかった頃からすると
なにか隔世の感がありました。

と、高をくくっていましたが
やはり素人整備、不具合が出ました。

カシメのコマを締めすぎたようで
ほかのコマより動きが渋くなりました

カシメのコマだけ新品に交換することにしました。
ドリルでカシメ部分を飛ばそうと試みましたが。
並の刃では歯が立ちそうにありません。
チェーンカッターを車体内側からかけてカットしました。

単品で購入したカシメのコマ

新しいコマでカシメ直しました。
これで慣らしてみて、様子をみようかと思います。

プレートの圧入やカシメにも適量のトルクがあるということですね。
いままで交換したのは、クリップ式のチェーンがほとんどだったので
こういった簡単なことでもあらためて気づいたりしています。
「お笑いメンテナンス」たるゆえんです。

そろそろタイヤの交換時期がきているので
ついでに痛みの激しいリアホイールのリムも交換したいところです。
スポークを張り替えるついでに、交換しておけば良い物だといまさらながら思いますが
われながら渋ちんです。

コメント