ホンダRS250Rのあらまし

92年の日本GP、一時トップを劇走した、#19小園勝義選手の Jha-RS250R
#53青木宣篤選手のNSR250をパスしたところ。

ホンダRS250Rは、株式会社ホンダ・レーシング
通称”HRC(Honda Racing Corporation)”が
一般向けに供給していた市販ロードレーサーです。

HRCのホームページはこちら

1984年から開発されて、発売は85年型から。
3回のフルモデルチェンジを経て、GP250が終了する2009年まで販売されました。

時系列順に「ホンダRS250R」の各モデルとライバルマシンを紹介しています。
クリックされると、それぞれのページにジャンプします。

'85~'86 ホンダRS250R (ND5)
序章 RSC時代のホンダRS250R  ’78~ ホンダ技研のモータースポーツ・サービス部門”RSC/Racing Service Center.Co”は 1978年にオフロード・マシン「エルシノア」系の空冷2サイクル単気筒エンジンを搭...
~'90 ヤマハTZ250とカワサキX-09
~’90 ヤマハTZ250 水冷のホンダRS250Rが全日本に登場したのと同じ頃 WGPでは、「リアル」や「コバス」、「ペルノー」、「アプリリア」等々の ワンオフスペシャル的な、ヨーロッパ製・GP250マシンが「ヤマハTZ250」に挑...
'87~'92 ホンダRS250R (NF5)
まえがき クランクケース・リードバルブエンジンになった”NF5” フレディ・スペンサーが、85年のWGPで250/500のダブルチャンピオンを獲得したときの スペシャルな「ホンダRS250RW」が元になっています。 スパ・フ...
’85~’87 RTK/HONDA  SEKITOBA とモリワキZERO-Z250 
「アナザーワールド」のホンダNSR250ということで、ご紹介するのがこの2台。 いずれもHRCから、ワークスNSR250エンジンをリースする形で製作されたスペシャルマシンです。 RTK/HONDA SEKITOBA 87年日本GPに出...
’91~ ヤマハTZ250
年々改良を重ねるホンダの250に対し、 「ヤマハYDS-1」以来の並列ニ気筒の熟成型で対抗していたヤマハから 満を持して、クランクケースリードバルブ一軸Vツインエンジンの 91年型「ヤマハTZ250/TZR250R」が発売されました。...
'93~'00 ホンダRS250R (NX5-MR01)
まえがき 6年ぶりにフルモデルチェンジされた「NX5」 直接の開発ベースになったのは、92年 にルカ・カダローラがWGPチャンピオンを獲得した 新開発の「ホンダNSR250」です。 92年、日本GP2位のホンダNSR250(...
アプリリアRSV250とスズキRGV-γ250
アプリリア アプリリアAF1 ”Aprilia(アプリリア)AF1”は、ロータックス製のロータリーバルブ・タンデムツインを搭載した イタリアのマシン。 1985年にGPに登場しました。 87年のサンマリノGPでは、ロリス...
'01~'09 ホンダRS250R (NXA-MR02)
2001年型 両持ちスイングアームに戻った最終モデル。 エンジンの一軸レイアウトという違いはありますが 外観は’98~’02型のNSR250と似ています。 F/Rホイールは”marchesini(マルケジーニ)”製の外注品に...
タイトルとURLをコピーしました