アプリリアRSV250とスズキRGV-γ250

ホンダRS250R

アプリリア

アプリリアAF1

”Aprilia(アプリリア)AF1”は、ロータックス製のロータリーバルブ・タンデムツインを搭載した イタリアのマシン。
1985年にGPに登場しました。

87年のサンマリノGPでは、ロリス・レッジアーニ選手のライディングで
劇的な優勝を遂げています。

アプリリアAF1V

翌88年からはシリンダーを90度の間隔に広げたVツイン”AF1V”をデビューさせました。

ディディエ・デ・ラディゲスの89年型アプリリアAF1V250。

アプリリアRSV250

アプリリアが競争力をつけて来たのは、
ロリス・レッジアーニ、ピエール・フランチェスコ・キリ、マッシミリアーノ・ビアッジ
らを擁する、強力なオールイタリアンチームを結成した92年ごろから。
マシン名も”RSV250”と改名されました。

ピエール・フランチェスコ・キリ(テルコ・バレージ・レーシング)の92 年型アプリリア

94年から、マックス・ビアッジ VS 原田哲也の天才対決という図式で
怒涛の快進撃がはじまります。

マックス・ビアッジ、96年のマレーシアGP

日本にはほとんど入ってきていませんが、
同様の構造を持つ市販レーサー「アプリリアRSV250」は90年代後半から多数派になりました。

全日本GP250に、市販「アプリリアRSV250」で参戦した”TEAM DAYTONA”の宮崎敦選手。
これは94年、ランキング4位のとき。
02年からはマシン名が「アプリリアRSW250」
となっているようです。

市販バイクの「アプリリアRS250」は「スズキRGV250γ(VJ21A,VJ22A)」
のクランクケースリードバルブエンジンを独自にチューニングしたものを搭載しています。


スズキRGV-γ250

「スズキRGV-γ250」も90年代を代表するマシンのひとつ。
若井伸之というライダーの名前とともに思い出されるマシンでもあります。

若井伸之選手/ケーユー・レーシングサプライスズキの93年型RGV-γ250

90年に登場し、マーティン・ウィマー、ウィルコ・ツェーレンベルグ、ジョン・コシンスキー
などのライダーがGPに参戦しました。
93年、コシンスキー選手が乗った時にはかなりの活躍をしましたが
原田哲也という天才ライダーの出現で勝てるレースを落としたりして
シーズン途中でマシンを降りてしまうなどのハプニングもあり、
本格的に実力を発揮するようになったのは
スズキのお家芸ともいうべきマシンの小型、軽量化が進み、
全日本で沼田憲保選手が活躍しはじめた94年ごろからです。

95年の全日本チャンピオンマシン(XR95)では
トラクション向上を狙って、500の近接爆発の理論を取り入れたエンジンを搭載しました。
’96日本GPでマックス・ビアッジの「アプリリアRSV250」を、
路面にブラックマークを描きながら追い上げた沼田選手のライディングは
鮮烈な印象として残っています。

沼田憲保選手の’96全日本チャンピオンマシン

スズキには、市販レーサー化の意向もあったようですが、
スペシャルマシン的な存在に終わったのは残念。
市販バイクの「スズキRGV-γ250(VJ23A)」はこのバイクのかなり忠実なレプリカのようです。

コメント