スズキRG400Γ ハセガワ 1/12

プラモデル
DSC_0880

30年近い年月来の愛車であるスクエア4ガンマが

ハセガワからプラモデル化されたので
組み立てて、出来ればキットの400仕様を500仕様化したいと思います。

400と500の外観上の違いは3つ

1つめはチャンバーの塗装。
400は全体が塗装によるセミグロスブラックですが
500は上側(3番、4番)チャンバーがニッケルメッキの銀
エキパイ部の遮熱カバーがつや消しブラック。
下側(1番、2番)チャンバーは
ブラッククロームメッキ(グロスブラック)です。
これは塗装で容易に対応可能。

2つめはサイドカウルの400、500のロゴ

これはデカールの自作キットが発売されているので
インクジェットプリンターとAdobe Photoshop Elementsで
なんとかなるかと思っています。

3つめは一番難しいのがこれで
フロントブレーキローターは400が5本スポークのソリッドディスクですが
500は6本スポークのフローティングディスクです。

プラ板からスクラッチするのが常道でしょうが
そこまでは手元がおぼつかないので
今回はAutodesk Fusion 360で3Dデータを作成して
まるっと3Dプリンターで成形するのが
費用はかかりますが良いかなと考えています。

6年ほど前にAutodesk 123Dで
簡単なプラスチック成型品を作成したことはあるので


今回は難易度は高いですがなんとかなるかなと踏んでいますが
さて何カ月後の完成になるやら?

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました