スズキRG400Γ 改RG500Γ ハセガワ 1/12

プラモデル
DSC_0880

30年近い年月来の愛車であるスクエア4ガンマが

ハセガワからプラモデル化されたので
組み立てて、キットの400仕様を500仕様化します。

400と500の外観上の違いは3つ

1つめはチャンバーの塗装。
400は全体が塗装によるセミグロスブラックですが
500は上側(3番、4番)チャンバーがアルミナイズ処理の銀
エキパイ部の遮熱カバーがセミグロスブラック。

下側(1番、2番)チャンバーは
ブラッククロームメッキ(グロスブラック)です。
これは塗装で容易に対応可能。

2つめはサイドカウルの400、500のロゴ

写真から取り込んだロゴのゴミをPhotoshop Elementsで取り除きました。

ハイキューパーツのインクジェットプリンター用
水転写デカールシートに印刷しました。


5日間インクを乾燥させてからラッカークリアーを数回に分けて吹いて
インクが水で溶けださないよう仕上げました。

試し貼りをしたところ問題なし。
ガラホだと接写がボケボケになるので
ましなカメラを買うべきか、スマホにすべきかと考え中。

3つめは一番難しいのがこれで
フロントブレーキローターは400が5本スポークのソリッドディスクですが
500は6本スポークのフローティングディスクです。

プラ板からスクラッチするのが常道でしょうが
そこまでは手元がおぼつかないので
今回はAutodesk Fusion 360で3Dデータを作成して
まるっと3Dプリンターで成形することにしました。

6年ほど前にAutodesk 123Dで、郵便受けの扉にはめ込む
簡単なプラスチック成型品を作成したことはあります。

2021年3月に突貫でデータを完成させました。

ディスプレイケースに格好よく自立させるために
メンテナンススタンドの3Dデータも作成しました。

DMM.make 3Dで3Dプリントしてもらいました。

8日ほどで佐川急便で送られてきました。
光造形レジンで、このようにサポートが付いた状態です。

サポートを切り取って、自作の500ローター(左)と
キットの400ローター(右)を並べた状態。

一部、ディスクのエッジの造形が引けている部分があるので
パテ埋めして磨き込んで修正します。

実物の写真をトレースしただけではディテールがつぶれぎみで
ボルトやリベットなどを拡大デフォルメして
見やすくしたほうがよさそうです。

30年ぶりのプラモ組み立てなので、最初は手元がおぼつかないだろうと
キットを前期型青、前期型黒、後期型ガンメタと揃えてあります。
3つすべて組み立てるうちに仕上がりも、ましになると思うので
合わせて3Dプリントのデータも修正していこうと思います。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました