RG400/500γの カラーリングバリエーション

ススキRG500γ(ガンマ)

 

’84IMFA・ケルンショーに出展されたプロトタイプ

サイレンサー後端が黒だったりと、カラーリングに量産型と若干の相違が見られます


 

RG400γ(HK31-A)

85年型

’85(RG400EW)

チャンピオンブルー/スーパーホワイト(7GF)
初期型400/500のイメージカラー、ケビンシュワンツのレプリカ・カラーリング。
400スタンダードにはアンダーカウルが有りません。

シングルシート・アンダーカウル仕様の別バージョンも用意されていました。

マーブルピュアレッド/スーパーホワイト(85J)
赤白の1型400、サイドカウルに見える”AEC”のステッカーは実際の市販型にはありませんでした。

’85 WalterWolf(ウォルターウルフ) 1型

’85水谷勝レプリカです。
WWガンマにはシングルシート・アンダーカウルが標準でついていました。

”Walter Wolf”ブランドは、ウォルター・ウルフというカナダの石油富豪が
フランク・ウイリアムズのチーム・スポンサーを経て、
1977年に自前の”Walter Wolf  Racing”・F1チームを結成したのに端を発します。

ハーベイ・ポストレスウェイトが設計したF1マシン、”ウルフWR1”(画像の#20)は、
初年度から優れたパフォーマンスを発揮し、
ジョディー・シェクター選手(79年F1ドライバーズチャンピオン)が、
ロータスやフェラーリとチャンピオン争いを繰り広げました。
濃紺にゴールドをあしらった”Walter Wolf”カラーはこのF1マシンがオリジナルです。
ウォルター・ウルフ・ブランドのアクセサリー類も当時は多く出回っていました。
最近のベネトン・フォーミュラ1とよく似た経緯と言えるでしょうか?

スズキはイメージ戦略の一環として
スポンサー契約ではなく、ブランドを買うカタチでこの”Walter Wolf”の衣装を纏ったといいます。

86年型

’86RG400-EW2/2C

パールクールホワイト/マーブルフィッシャブルー(7PD)
このバイクのブルーは濃い色合いで、ちょっと毛色が変わったかんじ。
’86年発売の後期型はハーフカウル仕様がRG400-EW2、アンダーカウル付きがRG400-EW2C

デューングレーメタリック/ピュアレッド(8JY)
ヨシムラ・トルネードカラーの400です。

’86 WalterWolf 2型

’86水谷勝レプリカです。

’86 WalterWolf 2型

通称銀WW(ダブダブ)とよばれる400のみの限定色のようです。


 

日本仕様RG500γ(HM31-A)

’85(RG500EWC)

チャンピオンブルー/スーパーホワイト(7GF)
IMFA・ケルンショー出品車と同型のもののようです。市販型とは細部が異なります。

マーブルピュアレッド/スーパーホワイト(85J)
500専用色。個人的にはこのカラーリングがいちばん好きです。

’85WalterWolf 1型(RG500EW-W)

サイド部の赤ラインが400と異なります。

’86WalterWolf 2型(RG500EW-2W)

400との違いは、”500”と描かれたステッカーのある無しぐらい。


 

ヨーロッパ仕様RG500γ(HM31-A/B)

’85(RG500G)

チャンピオンブルー/スーパーホワイト(7GF)
オプションのガンマスタンドが確認できます。
工事中
マーブルピュアレッド/スーパーホワイト(85J)

’87(RG500CH)

マーブルソルジャーブルー/マーブルパーセクブルー(9EG)
工事中
マーブルピュアレッド/ブラック(85K)

コメント

  1. S菌 より:

    チャンピョンブルーの所が緑色の車両はカスタムペイントだったんですかね?
    一度だけ見たことあります。
    さすがに400か500はわかりませんが。

  2. h-oka より:

    手持ちのヨーロッパ版パーツカタログには緑色の500ガンマの記載はありませんね。
    同様に国内400、500のパーツカタログにも記載はありません。
    イギリスのヘロンスズキのスコールバンディットカラーを
    模したディーラーオプションか個人のカスタム車両ではないでしょうか。