19年1月5日~ 不動状態のガンマの復帰

ススキRG500γ(ガンマ)

1月5日 手持ちのストックパーツのリスト化

バッテリー上がりでエンジンを掛けないまま
1年ほどが経過した500ガンマですが
とりあえず原状復帰してみて車検を取るかどうか
判断しようと思います。


手持ちのパーツをリスト化し不足分をチェックしているところ

復帰させるために必要な作業としては
1.バッテリーの交換(購入済み)
2.安全のため燃料系のゴムパイプ全交換(購入済み)
3.エアクリーナーをブタ鼻外しのみの仕様に戻し
メインジェットを125番に戻す。
ついでにジェット類の詰まりをチェック。
4.ギアオイルをAMSに交換(購入済み)
5.シフトシャフトプレートを装着してシフトフィールの改善。

ヤロワ製シフトシャフトプレート2種類

ヤロワさんにワンオフしていただいた
スプロケインナーカバーと入れ替えるプレートがあるのですが

これを使用するにはスプロケ、チェーンを分解する必要があるので
取り付け難易度の低いスプロケアウターカバーと入れ替える
簡易版を改めて手配しました。

2019年2月5日にヤロワさんに新たにお願いした。
簡易版シフトシャフトプレートが届きました。

ブラックアルマイト仕上げです。
これとAMSのギアオイルでミッションの入りも良くなるかな。

エンジンは2007年にクランクケースにクラックが入って
中古エンジンと入れ替えた2代目で、数千キロほどしか走っていません。
したがって機関に手を入れる必要はまず無いと思われるのですが
どこに痛みが来ているのか探りながらの作業になりそうです。

とりあえず自分をさらし者にしてハッパを掛けようかというところです。

12月1日 バッテリー交換と燃料回りの整備

だいぶ間が開いてガンマも2年ほど放置状態になりましたが
とりあえずエンジンが掛かるか試してみることにしました。
バッテリーを台湾ユアサのTTZ7S(6Ah)に交換しました。

標準バッテリーはYTX5L-BS(4Ah)ですが
車検が取れたらドライブレコーダーを取り付ける予定なので
ドラレコとETCを安心して運用できるよう
若干アンペアをアップしてみました。

続いてフューエルコック取り付けのパッキン部分から
ガソリン漏れしていたので、取り外して点検します。

ガソリンがゆっくり抜けていて2年ほどで抜けきったようです。
ボルト穴のネジ目はまだしっかりしていて
タンク本体の穴あきなどもなさそうでした。

ガスケット3つ(タンクに当たる部分1つとボルトに当たる部分2つ)
を交換しました。
追ってキャブレタークリーナーでガソリンの染みを掃除したいと思います。

キャブのメインジェットを#145から#125に交換して

写真の通り、ガソリンがタール状に溜まっていたので
ヤマハのキャブクリーナーでエアブリード、ジェット類の穴を通していきます。

時間がなかったので、とりあえず1,3番シリンダーのみ施工して
エンジンを始動してみました。

2.4番キャブが未施工なので片肺状態ですが
始動することを確認しました。
すぐに残りのキャブ清掃を行って
エンジンが吹けることを確認したいと思います。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました