初代RG500、XR14

ススキRG500γ(ガンマ)

スズキワークスマシンの開発コード名に付く、
XRという記号は”Experimental Racer”の略らしいです。

75年型までのRGは騒音規制がなかった為、
サイレンサーの付いていない直管型のチャンバーです。

安良岡健選手によるテスト走行。

WGPに出走したジャック・フィンドレイ。

発表された諸元は
90ps/10500rpm
6,1kg-m/10400rpm
CDI点火
車重145kg

コメント

タイトルとURLをコピーしました