グラフィックボードをGTX1070に入れ替え

自作PC

グラフィックボードをGTX670からGTX1070に入れ替えました。
価格が安くオーバークロックが控えめのMSI GTX1070 ARMOR 8G OCを選びました。


長さが279mmでAntec SOLOには収まらないのでATXケースをFractal Design Define R5にしました。

裏配線が出来るので配線が下手くそな私でもそれなりに出来ました。

さっそく3D MarkのFireStrikeベンチを回してみます。

まずまずの14985

コアクロックは1949MHzが上限でGPUコア温度は69℃。

そのときの最大ファンスピードは1470rpm。

しかしシステム電力をワットチェッカーで測ったところCombined Testで320Wぐらいまで上がります。
交換前のGTX670(TDP170W)からすると50Wのアップ。
公称TDP150WのGTX1070ですがオーバークロックすると大幅に電力が上がる
という噂はどうやら本当のようです。

そこでAfter BurnerでPowerLimitを50まで下げたところ210W位まで電力が下がりましたが

スコアは10266まで下がりました。

コアクロックは1797MHzが上限。

うーん、始終ゲームしてるわけじゃないしアイドル電力は65W程度なので
吊るしで運用しようかな。

とりあえずレースシム種々を最高設定で遊んでみましたが
FHD3画面立体視でも引っかかりなく表示するようです。
追々ベンチなぞアップすることにします。

コメント