2001年8月15日 六甲山

ツーリング

FTR250で、六甲山に行きました。
目当ては高山植物園ですが、季節から2ヶ月ほど遅れているので
おおかた終わっているかも…

芦有道路から西へ折れて、六甲山の尾根伝いに鈴蘭台をめざすコースを選びました。

芦有道路の料金所。
土、日、祝は二輪通行止め。
お盆休みなので、バイクは通れないかな?と思ったけど、
祝日ではないということでOKでした。

展望台

みはらしがじつに雄大。
写真ではなかなかここの醍醐味は伝わらないです。

六甲山頂あたりにある、高山植物園。

さすがに8月ともなると、すっかり夏景色で、
おおかたの花は終わっていました。
初夏に咲く水辺の花などは、みれずじまい。

高山植物がちらほら咲いていたくらい

あじさい

マツモトセンノウ

ヒース

ヒゴタイ

キスゲ

ガンコウラン

シラヒゲソウ


など。

高山植物園をあとにし、六甲山牧場をとおりすぎ西へ下って行きます。
それにしてもどこへ行ってもクルマだらけ…

西六甲には、「走り屋」のバイクがたむろってるかな?
と思いましたが、
さすがに連休の渋滞を避けてか、ほとんど姿が見えませんでした。

神戸市立森林植物園の前で休憩

園内のいたるところに目立つ針葉樹「セコイア」の木、
秋にはみごとな褐色に染まります。
植物界の生きた化石とかで、
世界最大の木と言われる「メタセコイア」もこの仲間らしいです。

ここはカササギや、カモシカなどめずらしい動物もみれるところ。
おおかた花は終わってるだろう
ということで今日は入園しませんでした。

遠回りして、「熊谷陣谷」の熊谷直実と平敦盛ゆかりと伝えられる
須磨寺によってみましたが
ちょうど本堂の改築工事中でした。
平日なので、名物の露店も出てなかったし、
仮本堂は5時には締まるとかで、お参りもできない。
愛想もくそもなかったね。

あたりまえのはなしとはいえ、
真夏のしかもお盆中ということで、みどころは少なし。
”FTR250”のチェック程度に終わったツーリングでした。

”ガンマ”が直ったら、高野山あたりに暴走ツーリングでも行ってみるかな?

コメント