CPUをAMD Ryzen 7 5700Xに入れ替え

自作PC

 

8年間、愛用したIntel Core i7 4790KのPCがブルースクリーンを繰り返すようになったのでAMD Ryzen 7 5700Xに更新しました。

開封

マザーボードはGIGABYTEのB550チップの製品「B550 AORUS ELITE V2」。

メモリは最初、G SkillのDDR4-2133 32GBにしましたが、ネット情報を見るとXMPで3200にオーバークロックするよりネイティブ3200のほうが速いとのことなのでCrucialのDDR4-3200 32GBに買い換えました。

組み立て

ATXケース用のUSB3.2ヘッダを見落として、無いものと思い玄人志向のUSB3.0増設ボード「USB3.0RA-P2H2-PCIE」を買いました。

組みあがり後に再度見直してみると、やはりマザーボード上にUSB3.2ヘッダがあったのでそちらに刺しなおしました。

下調べが不十分だったので、他にもケースファンコネクタ位置の関係でファンケーブル延長したりと調整が必要でしたが、なんとか組みあがりました。

Windows 10を新規インストールしました。既存のSSDを再利用したのでMBRパーティション済みで、これをGPTパーティションに変えるのに手間取りました。CSMを無効にするのに気づくまで数回インストールを繰り返してしまいました。

3DMark

ベンチマークソフト「3DMark」を試してみました。
GPUは従前のNVIDIA GeForce RTX2080のままです。

Fire Strike

Intel Core i7 4790Kのスコア

AMD Ryzen 7 5700Xのスコア

結構、良くなっています。

Time Spy

Intel Core i7 4790Kのスコア

AMD Ryzen 7 5700Xのスコア

思ったほどではないですが、やはり良くなっています。

Port Royal

Intel Core i7 4790Kのスコア

AMD Ryzen 7 5700Xのスコア

あまり変わりません。GPUの機能である、Ray Tracingのテストだからでしょうか?

ベンチマークの結果は上々なので、レースシムの3画面で多少出ていたスタッタリングも解消するかもしれません。「Assetto Corsa Competizione」など激重タイトルの3画面プレイ動画キャプチャが可能になるか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました